生活保護を受けていた人の葬儀は手続きが色々と必要

メンズ

喪主になった場合には

女の人

葬式の際には、遺族を代表する者が喪主を務めることになります。戦前のような大家族制度下であるならばいざ知らず、現在のように核家族化が進んだ社会では、生まれて初めて喪主になる人が大半です。藤井寺市には、右も左もわからない喪主をしっかりと支えてくれる葬儀社があり、高い人気を集めています。

Read More

小さいながらも選べる

ろうそく

今、家族葬というこじんまりとした葬儀を行なう方が多くなっています。一般的な葬儀スタイルに比べて家族葬なら費用を抑えることができるのです。この家族葬を行なっている施設は、大東市にもあります。ですから、葬儀場選びの方法を抑えておくといいでしょう。

Read More

家族が亡くなったら

葬儀

生活困窮者の葬式

家族が亡くなると葬儀をしますが、その費用はかなり高額になると言われています。ごく質素な葬儀にしても数十万ですから生活が困窮している人にとっては、その後の生活にも影響が出る事にもなりかねません。生活保護を受けている人が亡くなって葬儀費用が払えない場合や葬儀の施主が生活保護受給者の場合には葬儀の費用が自治体から支給されて費用負担なしで葬儀を行う事が可能です。ただ、施主に支払い能力がある場合には支給はされません。この生活保護葬は葬式の内容は決まっていてその内容以外の事は行われないので、棺に遺体を収めて火葬するだけの簡素なものになります。生活保護葬を希望される方はまず役所で利用出来るのかを訊ねて下さい。

葬式の流れなど

この生活保護葬は生活保護法に則ったもので、施主となる遺族が葬儀の費用が払えない時に国がその金額を扶助してくれるという内容です。これを利用出来る場合には葬儀社に連絡をすると遺体の安置、納棺、出棺、火葬、拾骨、自宅へ戻るまでの全て取り仕切ってくれます。現在よく葬儀社で行われている火葬のみのプランがこれに当たります。葬儀社によればこの火葬だけのシンプル葬を申し込む人はかなり多いようですし、家族にはそれぞれの事情がありますからお金のかかる式を挙げられないからと引け目を感じることはありません。扶助を行う自治体によっては葬式に必要なものとして棺桶や骨壺や位牌などが上げられている場合もあるのですが、実際に含まれるかどうかは自治体によるので内容を確かめる事をお勧めします。

お金がかからない葬儀とは

線香

手持ちのお金がなくても、公的扶助制度を利用すれば葬式を出すことができます。ただし、その場合は、葬儀社を介して役所に申請書を提出しなくてはなりません。生野区には公的扶助制度を熟知している葬儀社がありますので、お金がなくて困っている人は相談してみるとよいです。

Read More